作成者別アーカイブ: Houkou Nakashima

個展 生生流転

omote

atena01

個展 「生生流転」
2018年11月1日(木)〜11日(日)※5、6、7日は休廊日です
13:00~19:00(最終日は17:00)

Gallery White Cube
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-15-28 ビッグベン丸の内4階
ウェブサイト http://gwc-nagoya.jp/
Phone (090) 6595-0867
Email post@gwc-nagoya.jp

1979年岐阜県の寺院に生まれ,東京藝術大学美術学部彫刻科在学中に僧侶となる.
様々なかたちで人の死を見つめ続け,同時進行的に自己の死生観を美術作品として表現してきた.藝大卒業の14年後,名大大学院教育発達科学研究科で教育人類学を学んだことで,僧侶としての生き方と芸術家としての生き方が重なり合ってきたことを深く感じる.
30代最後の個展は,「白」と「黒」の空間で生生流転を表現する.

FOUR FOR

IMG_7358web

常滑のギャラリーでの4人展に参加した。
4名とも東京芸術大学彫刻科出身であり、自分にとっては学生時代から尊敬する先輩たちとの初めての展示だった。
先輩たちと話していると、美術家であるということの広く深い意味を考えさせてもらえるなあ。

願成寺古墳群美術展 室内展示「ある形」

ganjoujiweb

IMG_8897web

来年開催される願成寺古墳群美術展出展作家におけるプレ展示に参加した。
自分は野外展示にずっと憧れを持っている。
しばらく和紙を使って制作していたことで屋外展示は避けていたが、今回は自分にとって改めて、「屋外に展示すること」に向き合う機会となった。

柱 柳ヶ瀬高島屋南商店街

柳ヶ瀬を何十年も支えてきた柱。
現在までに2回塗り重ねられてきたということがわかる。
自分には、経年劣化によりはがれた塗膜がなんとも美しく、かっこよく見えた。
何も付け加えず、塗膜を削ることで表現した。

この商店街は再開発により今年中に更地になる。
ありがとうございました。

柱201802

柱201803

柱201804

柱201805

柱201806

柱201807

飯高観音節分会

IMG_9972
岐阜、東濃屈指の霊場である飯高観音(萬勝寺)で開催される節分会で画×書×太鼓による即興ライブパフォーマンスをおこないます。

●2月3日 萬勝寺本堂にて
パフォーマンスは14時40分から13時20分●
和パフォーマンスユニット
【本来無一者〜ほんらいむいちもん〜】
画:木全 靖陛(岐阜)
書:中島 法晃(岐阜)
太鼓:露木 一博(東京)
それぞれのジャンルで国内外を拠点に活躍する三人の表現者。その三者がこの節分会にて初のコラボユニットを結成。その場の即興で生み出されるそれぞれの魂の表現を体感して下さい。
萬勝寺さんは臨済宗妙心寺派の寺院で、ご本尊は僕の大好きな千手観世音菩薩です。自分が所属する寺とは宗派は異なりますが、自己の内にいる鬼を見つけ、内省し、新たな1年の良き幕開けとなるようなパフォーマンスにしたいです。

飯田観音(萬勝寺)
岐阜県恵那市山岡町馬場山田175

芸術家のオートエスノグラフィー「clas」

名古屋大学プロジェクトギャラリー「clas」で個展をします。

「芸術家のオートエスノグラフィー」
名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」
名古屋市千種区不老町
6月6日(火)〜16日(金)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会期中無休、入場料無料、予約不要

http://www.ilas.nagoya-u.ac.jp/clas/

2014年に名大大学院に入学し、「研究」が何なのかもわからないまま勢いで修論を書いた。後期博士課程に進学し、あっという間に今年でD2。
人生の全部を研究対象としたことで、時代や文化に包摂された自己の思想、死生観、アイデンティティを見つめ直すことになった。
今回の個展では、幼児期の作品から、芸大時代の作品、新作2点の展示と、研究をまとめたパネル展示を行います。

11日(日)13時からパフォーマンスおよびギャラリートークを開催します。
clas0606web

坊主と博士

bouzutohakase_omote

DSC_3927web

DSC_9129web

DSC_9167web

IMG_6843web

美術展覧会「坊主と博士」が終了した。
美術博士号を持つ彫刻家森田太初と、光輪寺僧侶であり美術家でもある私が新たな試みとして2016年に組んだ美術ユニット「坊主と博士」。
東京藝術大学彫刻科の先輩後輩にあたる2人が大学を出て、各々彫刻家および美術家として日々研鑽を積み、出会いから20年たった節目の今年に、お互いの持つ宇宙観や死生観をぶつけ合いながら、1人では持ち得なかった彫刻表現の可能性を探り出そうとする展覧会だ。

今後も己を追究していく。